寺院創立ノ件(真宗仏光寺派報恩寺)Ⅱ-㊳0038~0066

0038

寺院創立ノ件

指令案

全羅南道康津郡康津面南城里

平光秀成


0039

外四十六名

昭和四年一月十三日附願報恩寺創立

ノ件許可ス

年  月  日

朝鮮総督


0040

理由

本件ハ大正七年三月全羅南道康津郡

康津面南城里ニ真宗仏光寺派ノ布教

所ヲ設置シ平光秀成ヲ担任者トシテ

布教事業ニ従事セシメ其ノ教義ヲ宣

布シ来リタルガ爾来同地方ノ発展ニ伴


0041

ヒ檀信徒ノ数モ遂年増加シ従来ノ布教

所ニテハ法要其ノ他仏事執行上ニ狭隘

ヲ告クルニ至リシヲ以テ今回同面東城里

三百七十九番地ニ別紙願書添付図面ノ

通本堂及庫裡ヲ改築ノ計画進行中

ニテ現在檀信徒ハ二百八戸ニ達シ将来教


0042

勢拡張ノ必要上寺院ヲ創立セントスルモノ

ニテ已ムヲ得ザル施措ト認メラル仍テ之ヲ

寺院ノ創立ヲ許サルル標準ニ照シ審査ス

ルニ何等不都合ノ廉ナク且ツ境内地三百八

十一坪餘ハ既ニ国有地貸附済ノモノニテ建

物ハ創立費金五千円ヲ以テ支弁シ其ノ収


0043

入確実ト認メラル而シテ維持費ハ檀信徒

ノ布施其ノ他ニ依リ年額八百四十円ハ確実

ト認メ他ニ別段ノ支障ナキヲ以テ願ノ通リ

御許可相成可然哉仰高裁


0044

寺院創立願ニ対スル調査要領

檀信徒トシテ連署ノ人員(三十人以上)

四十七人

所属宗派管長ノ承認  アリ

創立事由

現在ハ在来鮮人家屋ヲ修理シテ一時布

教所ニ充当シ居タルガ甚ダ狭隘ノ為

布教上将又一般ノ信仰上遺憾ノ点

不尠ニ付一般信徒有志ノ喜捨金

並本山ノ補助金ニ依リ別紙設計

図ノ如ク康津郡康津面東城里

三七九番地ニ新築ヲ営ミ移転

シ充実ヲ計リ効果ヲ修メムトス

ルニアリ

寺院称号

報恩寺

創立地名

全羅南道

康津郡康津面東城里

三七九

本尊

阿弥陀如来


0045

所属宗派ノ名称

真宗仏光寺派

建物ノ坪数(本堂庫裏兼用ノトキハ四十坪以上)

本堂坪数(二十五坪以上) 二十五坪

庫裏坪数炊事場(二十五坪以上)  十三坪、炊事場六坪

右建物所有名義  寺院有

附属建物

境内地坪数(三百坪以上)  三百八十四坪一合九勺

所有者名義(国有及民有ノ区別)  国有貸下済

図面  アリ


0046

本堂庫裏ノ図面(平面図、正面図、縦断面図) アリ

附属建物ノ図面(平面図)

境内地図面(平面図)  アリ

寺地周園ノ状況(地勢、交通、家屋、配置ノ状況等)

記載ナシ

創立費及其ノ支弁方法

収入

金五千円也

金二百円 本山補助 受領済

金四千八百円 信徒喜捨金

支出

金五千円也

維持方法(確実ナル収入五百円以上)

収入

金八百四十円也 毎年平均額

金三百六十円 仏前進供金品

金三百六十円 読経ノ布施

金百二十円 不定葬式謝礼

支出

金八百四十円也

檀信徒員数(二百戸以上)

二百八戸


0047

昭和四年一月三十日

全羅南道知事

学務局長殿

寺院創立願ニ関スル件

管内康津郡平光秀成出願ニ係ル首題ノ件別紙調提

出ス


0048

寺院創立願

今般現在布教所ヲ寺院創立規則ニ依リ寺院

ニ致度候間御許可相成度別紙管長ノ承諾

書相添ヘ此段及申請候也

昭和四年一月拾参日

創立者

全羅南道康津郡康津面南城里九六番地

平光秀成 印

明治十年四月十五日生

同道同郡同面同里七壱番地

羽田幸次郎 印

明治十三年十一月七日生

全羅南道康津郡康津面東城里参七六番地

原口友次郎 印

明治元年四月十二日生

同道同郡同面同里参弐五番地

村田春三郎 印

明治十九年四月十八日生

同道同郡同面同里九六番地

小田伊代三郎 印

今村徳治 印

細田栄穂 印

坂井種一 印

平野桂治 印


0049

原田貞彦 印

北村賢治 印

樋口勇三郎 印

吉野ムメ 印

平田初太郎 印

村田勝三郎 印

吉里貞直 印

吉里ハマ 印

小森朝市 印

大藤ヤヨ 印

山本良吉 印

松井勘蔵 印

伴野安次郎 印

辰野皆吉 印

福島又一 印

浜口好太郎 印

山本住次 印

原口善次 印

小田平助 印

片部初次郎 印

田口政太郎 印

岡田豊次郎 印

村田三次郎 印


0050

梅田文右衛門 印

丸山政雄 印

石原清三 印

杉望義廣 印

大場慎吾 印

北原弘治 印

福永由太郎 印

瀬古穂治 印

大平荒市 印

野村坂吉 印

田中貞一 印

古沢伊之吉 印

稲垣勝太郎 印

田中末木 印

前川春敏 印

朝鮮総督山梨半造閣下


0051

一 創立ノ事由

現在ハ在来鮮人家屋約拾坪ヲ臨時修理シ一時

仮リニ布教所ニ充当致シ置リ候ヘ共甚タ狭隘ノ

為メ布教上将又一般ノ信仰上遺憾ノ点不尠ニ付

一般信徒有志ノ喜捨金並ニ本山ノ補助金ニ依リ別

紙設計図ノ如ク康津郡康津面東城

里参七九番地ニ新築ヲ営ミ移転シ充実ヲ計リ効

果ヲ修メントスルニアリ

二 寺院ノ称号

報恩寺

三 創立地名

全羅南道康津郡康津面東城里参七九番地

四 本尊並ニ所属宗派ノ名城

本尊 阿弥陀如来 本像 惣大 一尺八寸

真宗仏光寺派

五 建築並ニ境内地坪数図面及境内地周囲ノ状況

(イ)本堂 建坪 弐拾五坪 瓦茸

(ロ)庫裏 建坪 拾参坪  同

(ハ)炊事場 建坪 六坪 釷丹茸

(ニ)境内地 坪数 参百八拾四坪一合九勺

(ホ)境内地所有者 官有地貸下済

(ヘ)図面 境内地 周囲別紙之通リ

六 創立費及其ノ方法


0052

収入部

一金五千円也  補助金及喜捨金総額

(イ) 金弐百円也 本山補助金 受領済

(ロ) 金四千八百円也 信徒一般ノ喜捨金 々

支出部

一金五千円也  総費用予算

(イ) 金四千円也 本造瓦茸 本堂建築費

(ロ) 金六百五拾円也 々 庫裡 々

(ハ) 金壱百円也 釷丹茸下レ炊事場 々

(ニ) 金弐百円五拾円也 予備費

維持方法

一金八百四拾円也  歳入毎年平均額

内訳

(イ)一金参百六拾円  仏前進供金品壱ヶ年

(ロ)一金参百六拾円  読経ノ布施 々

(ハ)一金百弐拾円   不定葬式謝礼 々

歳出之部

一金八百四拾円也  布教費及住職費

内訳

(イ)金弐百円也  毎月壱回巡回布教費

(ロ)金百六拾円也 祭典其ノ他信徒等ニ集合布教費

(ハ)金四百八拾円也 住職一ヶ年ノ生活費

修繕費臨時祭典費等一切別途支出ハ其ノ都度信徒総代世話方一

般協議ノ上予算額ヲ立テ応分喜捨シ充当ス


0053

八、 信徒ノ数

弐百八戸七百七拾五人

以上


0054

保證書

別紙報恩寺創立建築ニ対シ申請書

記載ノ通リ補助金及ヒ喜捨金ノ総額金

五千円全納致シ候間之レヲ以テ創立建築

費ニ充当スルモ萬一不足額ヲ生シタル場合ハ拙者等

ニ於テ不足額全部負担致スヘク茲ニ保證

候也

昭和四年壱月十参日

全羅南道康津郡康津面南城里七壱

羽田幸次郎 印

同道同郡同面東城里三七六

原口太次郎 印

全羅南道康津郡康津面東城里三三五

村田春三郎 印

同道同郡同面南城里

細田栄穂 印

同道同郡同面東城里

今村徳次 印

同道同郡同面同里

坂井種一 印

同道同郡同面南城里

平野桂治 印


0055

證明書

本山補金ハ大正十五年十二月十五日現金ヲ以テ受領致シ候ニ付

指令書無之依テ正ニ補助金受領済ミナル事證明

仕リ候也

昭和四年一月十三日

全羅南道康津郡康津面南城里九拾六番地

布教管理者平光秀成 印


0056-0057

図面


0058

貴管内全羅南道康津郡康津面南城里

当派布教管理者平光秀成外関係者ヨリ別

紙ノ通寺院創立致度旨申出候右ハ当派ニ

於テモ希望致居候次第ニ付願意御許可

被成下候様致度此段及副書候也

昭和三年三月二十二日

真宗仏光寺派管長男爵渋谷隆教 印

朝鮮総督山梨半造殿


0059

布教管理事務所移転申請

ニ関スル件照会  (添付物有)

(対十月二十九日附副申)

学務局長


0060

全羅南道知事宛

首題ノ件別紙附箋ノ廉不備ニ

付再調相成リタク願書一応返

戻ス


0061

附箋照会写

全羅南道康津郡康津面

報恩寺創立願甲

不備ノ廉

一 寺院創立願トスルコト

一 寺院ノ創立ハ認可ニアラズ許可ヲ受クベキモノナリ

一 管長ノ承認書添付洩

一 朝鮮布教管理者、信徒総代、建築委

員長、■■、副■■、会計、同委員

賛助員等ノ肩書ハ不用ニ付削除スルコト

一 捺印ナキ者八名アリ若シ捺印シ能ハサルト


0062

キハ之ヲ削除スルコト

一 「創立移転事由」トアルヲ「創立ノ事由」ト

スルコト

一 「真宗仏光寺派末寺」ノ八文字ヲ削除スルコト

一 「創立移転ノ地名」トハルハ「創立地名」ト訂

正シ旧位置ハ記載スルニ及ハズ

一 移転ニ付テハ創立事由ノ項ヘ併セテ

詳記スルコト

一 所属宗派ノ名称記載ナシ

一 (創立費支弁方法中)


0063

一 本山補助金指令ノ写ヲ提出スルコト

一 檀信徒其ノ他ノ喜捨金予定額ヲ記シ

其収入確実ナルコトヲ記スベキ檀信徒

総代トナルベキ者其ノ他有力者ノ保証

書類ヲ提出スルコト

一 毎年度収支ノ予算額ヲ明記スルコト

一 檀信徒ノ数ハ人員ノ外戸数ヲモ併記スル

コト

以上


0064

布教管理事務所移転認可

申請ニ関スル件  有添付物

学務局長

全羅南道知事宛


0065

一月二十五日附申達相成候別紙申

請書ハ布教規則第三條ニ依リ提出

セシメラレ度別紙申請書一応及返

戻候也

追テ右申請ハ単ニ布教管理事務

所移転ニ有之候哉又寺院創立ト

共ニ布教管理事務所位置変更

スルモノナリヤ若シ後者ナリトセハ寺

院創立内規ニ合致セサルモノ有之候條

為念申請者ニ御指示相成度申添候


0066

昭和三年十月二十九日

全羅南道知事 印

学務局長殿

布教管理事務所移転認可申請ニ関スル件

管下康津郡康津面南城里九十六番地平光秀成出願ニ係ル首

題ノ件ニ関シ一月三十一日附ヲ以テ返戻照会相成リタル処

右ハ単ニ布教管理事務移転ニアラス寺院創立ト共ニ布教

管理事務位置変更スルモノニシテ神社寺院規則ニ依リ訂

正ノ上別紙ノ通リ提出セシメタルニ付御了知ノ上至急御許

可相成度副申ス