寺院所有土地売却願ニ関スル件(曹洞宗京城別院)Ⅱー㊲1280~1288

1280

寺院所有土地売却願ニ関スル件

指令案(一案)

京城府大和町三丁目二十六番地

曹谿寺住職五十嵐絶聖


1281

大正十五年二月六日附願寺院有左記土地売

却ノ件許可ス

年  月  日

朝鮮総督

一 土地ノ所在及面積

京城府中林洞参百参拾壱番地ノ壱

垈  五百弐拾坪

同所 参百参拾壱番地ノ弐

垈  五百七坪


1282

計壱千弐拾七坪

以上

通牒案(第二案)

学務局長

京畿道知事宛

寺院所有土地売却願ニ関スル件

三月一日附学第一〇四号ヲ以テ副申ニ係ル首題ノ

件別紙指令ノ通許可相成候條伝達方御

取計相成度及通牒候也


1283

曹洞宗両本山別院ハ大正十四年十二月二十二日曹谿

寺ト合併ヲ認可サレタル為本出願土地ハ自

然不用ニ帰シタルヲ以テ之ヲ売却シ仏殿ノ工事

費用ニ充当セントスルモノニシテ支障ナシト思料

致シ候ニ付御許可相成可然哉

右起案仰高裁候也

追テ本件ハ特定ノ事項ニ付官報掲載

省略方併セテ伺候


1284

学第一〇四号

大正十五年三月一日  京畿道知事 印

朝鮮総督殿

寺院所有土地売却許可願ノ件副申

管下京城府曹洞宗両本山京城別院住職五十嵐絶聖ヨリ別

紙ノ通不動産売却許可願出有之候ニ付取調候処曹洞宗両

本山京城別院ハ既ニ曹谿寺ト合併ノ件認可相成最早全ク

不要ノ土地ニ属シ売却スルモ何等支障無キモノト認メラ

レ候條御許可相成様致度此段及副申候也


1285

添書

朝鮮京城府大和町三丁目二十六番地曹洞宗両本山別院

曹谿寺住職朝鮮布教管理五十嵐絶聖

一、曹洞宗両本山京城別院所有地府内中林洞参百参

拾壱番地ノ弐垈壱千弐拾七坪売渡ノ件

今般前記ノ件ニ関シ別紙書面提出候條

茲ニ及添書候也

大正十五年一月二十五日

曹洞宗管長新井石禅 印


1286

不動産売却御許可願

京城府中林洞参百参拾壱番地ノ壱

一垈 五百弐拾坪

同所 参百参拾壱番地ノ弐

一垈 五百0七坪

右不動産ハ京城府若草町九十七番地曹洞宗

両本山京城別院敷地大正二年若草町通

道路新設ノタメ両断セラレ宗門ノ拡張上

狭隘ヲ告クルヲ以テ移転候補地トシテ購

入致置候処大正十一年府内大和町三

丁目二十六番地曹谿寺ト合併致候従テ檀

信徒モ倍加シ旧来ノ建物及ビ境内地ノミ

ニテハ萬事不自由ヲ感ジ大正十三年地続

ギ弐町参及弐畝弐拾弐歩ノ保安林ヲ京畿道

ヨリ無償貸附ヲ得タルヲ以テ仏殿書院庫

裏山門道路等ノ建築開墾ヲ檀信総代

ノ協賛ヲ得タルヲ以テ略拾萬円ノ予算ヲ

以テ工事ニ着手シ平安南道ヨリ平壌府内

皇建門ノ払下ヲ得已ニ山門トシテ移造昨

秋又タ京城中学内崇政殿ノ払下許可ヲ得

仏殿ニ移築セント着々工事進渉致シ候

就テハ右不動産別院移転候補地トシテ

所有ノ処曹谿寺ト合併ノ結果不用ニ相成

リ候ニ付売却上右工事費用ニ充テ度


1287

候間右不動産売却ノ儀御許可被下度

管長添書相添ヘ檀信徒総代連署ヲ以

テ此段願上候也

大正拾五年弐月六日

京城府大和町三丁目二十六番地

曹洞宗両本山別院曹谿寺住職

五十嵐絶聖 印

右檀信徒総代

京城府本町二丁目十一番地

中村再造 印

同所同町二丁目五十六番地

釘本藤次郎 印

京城府本町二丁目九十七番地

林田金次郎 印

同所同町一丁目五十一番地

篠崎半助 印

同所同町三丁目八十三番地

三好堯六 印

同所明治町二丁目七十二番地

田中秀一郎 印

同所同町二丁目百五番地

小川勝平 印

同所本町二丁目三十六番地

大塚伊三郎 印


1288

京城府新町六十二番地

北野善造 印

同所黄金町三丁目三百二番地

大島新作 印

朝鮮総督子爵斎藤実殿